記事一覧

シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpg

冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォ氏が水深10,928mの潜水世界記録を樹立した。その記録を支えたのが、OMEGA(オメガ)のダイバーズウォッチ「プラネットオーシャン」。この偉業に際しオメガのCEOがロンドンの大英博物館にて、世界最深へ到達した時計を発表。記録達成を支えた前代未聞のテクノロジーも紹介している。今後一般市場にもその技術が投入されるであろう「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」に要注目だ!

世界最深部へ到達したシーマスターが大英博物館でお披露目
2019年前半、冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォは自らの深海潜水艇“リミティング・ファクター”で太平洋・マリアナ海溝の最深部に到達し、水深10,928mの潜水世界記録を樹立した。この偉業に対し、このプロジェクトに携わったオメガにも大きな喝采が送られた。世界記録を更新した潜水を支えたのは、「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」。用意された3本のうち2本は潜水艇のロボットアームに装着され、もう1本は海底で記録収集を行うランダーに装着された。3本の時計は問題なく潜水し、すべて完全に無傷で水面に戻ってきたのである。

極限の水圧の中で難なくミッションをクリアした「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」について、オメガの社長兼CEOレイナルド・アッシェリマンは「類いまれな数々の技術を集めたこれらのタイムピースは、オメガの時計製造の独創性を物語っています。」とコメント。加えて今回のロンドンでのイベントに参加した冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォは「とてつもなく頑丈なだけではなくスリムで軽量、なおかつスタイリッシュである完璧な海洋時計を製造する能力が素晴らしい。」と、オメガのプロジェクトチームを称賛した。

シーマスターシリーズが時計界屈指の人気を誇ることからもわかるとおり、プロ仕様のダイバーズウォッチの製造はオメガの得意とするところ。しかし“ファイブ・ディープス探査”に対応するタイムピースを開発することは、まったく別次元の創造力と広範囲に及ぶ高度なエンジニアリング技術が求められた。「ウルトラディープ」には、深海で機能する様々な技術が詰まっている。

本格仕様のダイバーズウォッチは機能性を重視することからデザインが野暮ったくなりがちだが、28mmを切るスリムなケースに仕上げているのもポイントだ。ベゼル、ケース、ケースバック、そしてリュウズには、グレード5チタンで作られた“リミティング・ファクター”の船体から機械で切り落とされた素材を使用。さらにサファイアガラスとケースの組み立てにリキッドメタルを使用することで、サファイアガラスの厚みを抑えることを可能にした。

「プラネットオーシャン ウルトラディープ」は極限の条件下に耐えうることを目的に製造されたもの。その一方で、今後商業利用することも視野に入れて作業を進められていた。この前代未聞のテクノロジーが、別の形で市場に登場する未来もそう遠くない。

「スナイデル」「ジェラート ピケ」がNYに路面店 マッシュU.S.Aで北米進出へ

アップロードファイル 11-1.jpg

ッシュホールディングスは北米と東南アジアに現地法人を増やし、海外事業を加速させる。8月28日付で、マッシュ U.S.Aを設立した。来年4月には、ニューヨークのローワー・イーストサイドに「スナイデル(SNIDEL)」と「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」の路面店をそれぞれ出店する。

 どちらも日本と同じ商品のラインアップで、「ジェラート ピケ」は食との複合店も考える。場所は、「ホテル インディゴ(HOTEL INDIGO)」や「パブリックホテル(PUBLIC HOTEL)」、セレクトショップのアッセンブリー ニューヨーク(Assembly New York)などが集まり、新しい「エース ホテル(ACE HOTEL)」が計画されているエリアで、徒歩10分圏内に構える。両店のグランドオープンに先駆けて、「スナイデル」出店予定地(住所は144 オーチャード・ストリート)では、11月末〜来年2月14日まで「ジェラート ピケ」の期間限定ショップを オープンする。

 並行して、eコマースと卸売りにも力を入れ、eコマースは2店舗出店後、現地ブランドサイト内でECページを立ち上げ、自社の複合ECサイト「ウサギオンライン(USAGI ONLINE)」も開設する計画だ。

 アジアでは、11月11日に、香港のミラマーショッピングセンター1階に、「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」が「スナイデル」と「ジェラート ピケ」「リリー ブラウン(LILY BROWN)」との複合ショップの形で海外初出店する。店舗面積は約40平方メートル。自社のオリジナルブランド「セルヴォーク(CELVOKE)」も海外初導入する。

 また来年には、シンガポール支社を設立する予定で、東南アジアでの旗艦店やeコマースを中心とした事業拡大を図る。

「トーガ」19-20年秋冬はエレガンスとカジュアルのせめぎ合い テーラードジャケットやフェザーがカギ

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

「トーガ(TOGA)」は、ロンドン・ファッション・ウイークで2019-20年秋冬物を発表した。会場に選んだのは、地域住民向けのレジャーセンターという体育館。サイクリングパンツが登場した前シーズンに続き、会場選びからして今季もスポーツムード全開かと思いきや、出てきたルックはぐっとシックな印象だ。この間トレンドとしてストリートスタイルが続いていたが、エレガンスへの回帰はここにきて決定的。ただし、カジュアルに慣れた身には直球のエレガンスはハードルが高い。その点からいって、「トーガ」のエレガンスのハズシ方は参考になるポイントが豊富だ。

冒頭は、オーバーサイズのテーラードジャケットを主役にしたスタイル。幅の太いピークトラペルをポイントにした正統派ジャケットに、長靴風のニーハイブーツやモダンアートのようなブローチを合わせてポイントにする。ジャケットにスラックスを合わせた王道のマニッシュルックは、ウエストベルトからチェーンで吊ったサイハイブーツやランジェリーのチラ見せといった要素で遊びを加える。全体的に、ボトムの丈が短くなって、軽快な雰囲気が強まっているのも特徴だ。

ゴージャスなフェザー使いも今季のポイント。フェザーとオーガンジーを組み合わせたブラウスは、あえてサスペンダーパンツと合わせてカジュアルダウンする。フェザーを飾ったテーラードジャケットは、ウールではなくダイバースーツに使うような素材感。ブーツやギャザーシューズはポインテッドトーのきれいめな印象ながら、スニーカーソール製。そんな風に、そこかしこにエレガンスとカジュアルのせめぎ合いがある。

不動のおしゃれアイコン、バービーとCOACHのコラボが実現

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpg

1959年の誕生以来ずっと世界中で愛されて続けている着せ替えドールのバービーが、ラグジュアリーブランドCOACH(コーチ)とコラボレーション! オトナの女性向けライン“バービーコレクター”の最新モデルとして、ブランドのアイコニックルックに身を包んだ“コーチ・バービー”が発売。

バービーが身につけているのはどれもCOACHを象徴するアイテム達。アイコンバッグの“レガシー ダッフル”をはじめ、タッターソールチェックのトレンチコート、ラウンド型のアイウェア、そしてハイヒールと、どれもディテール細かにシルエットの美しさも忠実に再現。特にミニチュアのバッグはCOACHのデザイン工房で通常のバッグ同様に作られているので、小さな金具やタッセルまでも完成度はパーフェクト。そして仕上げはCOACHらしいキリっとしたメイクとヘアスタイル。都会っぽい表情のバービーはいつも以上にクールで魅力的♡

アメリカンクラシックを体現した“コーチ・バービー”は9月15日からCOACH全フラッグシップストアで、また9月20日からはバービー・コレクター・オフィシャルストアで発売開始。日本国内では850体のみの数量限定で展開されるので、争奪戦となることは確実! コレクターズアイテムとしても大注目だし、おしゃれを磨く自分へのプレゼントにいかが?

ペアウォッチのおすすめ大切な記念日のプレゼントに

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

恋人同士や夫婦にとって記念日や誕生日などにお互いへの贈り物選びをするのは楽しいもの。しかし、相手の好みや今まで贈ったプレゼントのことを考えていくと、何を贈ればよいのか悩んでしまいがち。

そこで今回は、カップル同士のプレゼントにおすすめのペアウォッチを年齢層別にご紹介します。時計を贈る意味や選び方なども解説するので、チェックしてみてください。
ペアウォッチを相手に贈ることは、「あなたと同じ時を刻みたい」という意味があります。相手への独占欲とも取れますが、信頼している相手と同じ時間を過ごしたいという愛情の表れといえるでしょう。付き合いの長い・浅いに関わらず、ペアウォッチは一緒にいたいと思う相手への贈り物としておすすめです。
ペアウォッチを買う際、身につける双方の好みにマッチしたデザインの時計を見つけるのは意外と大変。もし、ペアで作られた製品で気に入ったモノがない場合、セット売りのモノにこだわらず、同じメーカーやシリーズのなかで選ぶのがおすすめです。お互いの普段の服装や、持ち物などを考えて合うものを見つけましょう。
腕時計の種類には大きく分けて機械式とクォーツ式があり、価格帯が分かれます。機械式はゼンマイを利用して動くので、電池交換がいらず便利ですが、機械構造が複雑なため価格が高い傾向にあります。一方、クォーツ式は一般的に2〜3年で電池交換が必要ですが、比較的安価です。
ビジネスシーンで付けるならば、スーツスタイルを邪魔しないシンプルなものを選ぶとよいでしょう。プライベートで使うならば、より好みにあったデザインのものを選ぶ事ができます。カップルでアウトドアやスポーツをするなら、防水性能を有するモノ、衝撃に強いモノがおすすめです。

1950年代に日本で創業した電機メーカー。独創的な発想と高水準の技術で、ユーザー目線の製品づくりを目指しています。カシオを代表する時計ブランドは「G-SHOCK」。堅牢性とデザイン性を追求した設計で支持されています。
アナログとデジタル表示を融合させたG-SHOCKのペアウォッチ。1/1000秒ストップウォッチや速度計測機能など、実用的な機能が魅力です。迫力のあるビッグフェイスで、文字盤に歯車状の細かなパーツを組み上げることで立体感を出しています。
英国の伝統的なスタイルをベースにモダンなシルエットや個性的な色遣いが特徴のファッションブランド。花柄や色鮮やかなストライプはポールスミスのシンボルで、クラシックななかにも革新的なスタイルのあるデザインが魅力です。
カジュアルさと高級感を兼ね備えたデザインが特徴のペアウォッチ。ベルトはステンレスのメッシュ素材で、カジュアルダウンしすぎず落ち着きのある雰囲気を演出します。インデックスには4色のバーが使用され、個性的な色使いを好むポールスミスらしい仕上がりです。
ゴールドのベルトが高級感を醸し出すペアウォッチです。文字盤には無駄な装飾がなく、時間を確認しやすいのがポイント。また、ポールスミスらしいカラフルなインデックスが遊び心を感じさせつつ、フォーマルなスタイルにも使える汎用性の高さが魅力です。
イタリア人クリエイティブディレクターであるマリオ・ノビルのデザインと長年に渡るモノ作り精神を体現するブランド。新しい世代のクリエイティブでユニークな人に向けたKLASSE14の製品は、大切な人との時間を刻むのにぴったりな高級感のあるスタイリッシュなデザインが特徴です。
KLASSE14のなかでも人気の「ヴォラーレ」シリーズ。湾曲した文字盤に合わせて針もカーブしている立体的なデザインが特徴です。時計のエンジン部分であるムーブメントには、日本製のモノを使用しています。

ゴールドのボディが気品に溢れ、カジュアルにもドレッシーな服装にも合うバランスのよいおすすめのモデルです。
オーストリア・シドニーで生まれた腕時計ブランド。シドニーの自然や文化から着想を得たデザインは、世界中のファッションブロガーやインフルエンサーから注目されています。大理石をモチーフにした文字盤のシリーズが人気です。
クリスチャンポールを代表する、大理石の文字盤をあしらったモデル。ベージュのイタリアンレザーベルトと、金枠のフェイスの相性がよく、繊細で上品な印象を与えてくれます。また、5気圧防水を搭載しており、日常生活でかかる水分には十分対応できる仕様なのも魅力です。
ノートのようなグリッド線がデザインされた文字盤が特徴のペアウォッチ。ファイスとベルトをブルーでまとめることで、爽やかさを演出しています。5気圧防水仕様なので、普段使いする際も安心。珍しいデザインのペアウォッチを探している方におすすめです。
2011年設立のスウェーデン発の時計ブランド。薄いラウンド型の洗練されたデザインが特徴で、カジュアルからスーツスタイルまで幅広く活躍します。ダニエル・ウェリントンの腕時計はストラップを付け替えることができるため、飽きずに長く使用可能です。
上品なデザインで、さまざまなスタイルにも使いやすいペアウォッチ。フェイスのサイズが、36mmと32mmのセットです。ローズゴールドの極薄型フェイスを採用しているのでストレス少なく身につけられます。使用するシーンを選ばないペアウォッチを探している方におすすめです。
マーク ジェイコブス(Marc Jacobs)
1980年代にニューヨークで設立したブランド。ロック音楽から派生したファッションスタイル「グランジ」を取り入れた独特のスタイルが特徴です。2001年にはセカンドラインである「マーク・バイ・マークジェイコブス」の展開を開始し、さらに多くのファンを獲得しました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ