記事一覧

シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpg

冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォ氏が水深10,928mの潜水世界記録を樹立した。その記録を支えたのが、OMEGA(オメガ)のダイバーズウォッチ「プラネットオーシャン」。この偉業に際しオメガのCEOがロンドンの大英博物館にて、世界最深へ到達した時計を発表。記録達成を支えた前代未聞のテクノロジーも紹介している。今後一般市場にもその技術が投入されるであろう「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」に要注目だ!

世界最深部へ到達したシーマスターが大英博物館でお披露目
2019年前半、冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォは自らの深海潜水艇“リミティング・ファクター”で太平洋・マリアナ海溝の最深部に到達し、水深10,928mの潜水世界記録を樹立した。この偉業に対し、このプロジェクトに携わったオメガにも大きな喝采が送られた。世界記録を更新した潜水を支えたのは、「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」。用意された3本のうち2本は潜水艇のロボットアームに装着され、もう1本は海底で記録収集を行うランダーに装着された。3本の時計は問題なく潜水し、すべて完全に無傷で水面に戻ってきたのである。

極限の水圧の中で難なくミッションをクリアした「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」について、オメガの社長兼CEOレイナルド・アッシェリマンは「類いまれな数々の技術を集めたこれらのタイムピースは、オメガの時計製造の独創性を物語っています。」とコメント。加えて今回のロンドンでのイベントに参加した冒険家ヴィクター・ヴェスコヴォは「とてつもなく頑丈なだけではなくスリムで軽量、なおかつスタイリッシュである完璧な海洋時計を製造する能力が素晴らしい。」と、オメガのプロジェクトチームを称賛した。

シーマスターシリーズが時計界屈指の人気を誇ることからもわかるとおり、プロ仕様のダイバーズウォッチの製造はオメガの得意とするところ。しかし“ファイブ・ディープス探査”に対応するタイムピースを開発することは、まったく別次元の創造力と広範囲に及ぶ高度なエンジニアリング技術が求められた。「ウルトラディープ」には、深海で機能する様々な技術が詰まっている。

本格仕様のダイバーズウォッチは機能性を重視することからデザインが野暮ったくなりがちだが、28mmを切るスリムなケースに仕上げているのもポイントだ。ベゼル、ケース、ケースバック、そしてリュウズには、グレード5チタンで作られた“リミティング・ファクター”の船体から機械で切り落とされた素材を使用。さらにサファイアガラスとケースの組み立てにリキッドメタルを使用することで、サファイアガラスの厚みを抑えることを可能にした。

「プラネットオーシャン ウルトラディープ」は極限の条件下に耐えうることを目的に製造されたもの。その一方で、今後商業利用することも視野に入れて作業を進められていた。この前代未聞のテクノロジーが、別の形で市場に登場する未来もそう遠くない。